▲ TOP
各種更新

point自動倉庫には一定の周期で大規模な手入れを必要とする時期(更新時期)があります。
APTでは、汎用化の実現と将来コストを見据えたご提案をいたしております。

管理コンピュータ(管理システム)更新

現状

oldpc5〜7年の周期でやってくるのが管理PCの更新です。
要因はOSやパソコン本体の保守切れというケースが多く、メーカーより『保守終息』という通知が来たら更新のサインです。更新には費用が発生してしまいますので、更新せずにそのまま使い続けておられる会社様もいらっしゃいますが、管理コンピューターは自動倉庫の『頭脳』です。弊社でも更新を推奨いたしておりますが、なるべく廉価に、かつ将来コストを見据えたご提案しております。

『パソコンは新しくなったけど、システムの内容はほとんど変っていないのに結構な金額だなぁ…また数年後にこの金額が必要になるのか…。』

過去にこういった体験をされた会社様も決して少なくないと思います。そんな局面に面した会社様から弊社には多数のお問い合わせが寄せられています。

APTからのご提案

wacs弊社では、400を超える導入事例から自動倉庫の運用・管理に必要な要素を盛り込んだパッケージシステム『WACS(ワックス)』を活用し、廉価で高品質な管理コンピューターの更新サービスをご提案しております。
もちろん更新対象となる自動倉庫メーカーは問いません。
残念ながら、更新時には弊社もある程度の作り込みをしなければならないため、メーカー企業様と更新時の費用面では大きな差が出ないケースもございます。

ただし、次回以降の更新費用(将来コスト)には非常に大きな差が生じます。
今後10年・15年と自動倉庫をお使いになられる予定でしたら、その費用差は2〜3倍にはなろうかと思います。

callまた、弊社は更新後のサポート体制を非常に要視しております。リモートメンテナンス体制を敷き、遠隔から常に稼働状況をモニタリングし、大手製造業様、物流会社様を中心に、日々の安定稼働をサポートさせていただいております。
異常発生時の対応の速さも弊社サービスの特徴の1つです。
管理コンピューターの更新を迎えられた会社は、是非弊社をご活用いただき、将来コストを見据えた管理コンピューターの更新を推奨いたしております。

APT式・管理コンピューターの更新の特徴のまとめ

◆ 独自開発パッケージシステム『WACS』をベースに更新費用を少しでも削減!
◆ 更新後の将来コストは大幅に削減可能!
◆ あらゆるメーカーの自動倉庫に対応可能。400を超える導入実績!
◆ 導入後のアフターサポートもリモートメンテナンス体制を整備。迅速な対応可能!

●上記内容に関してのご質問・ご相談はこちらからお気軽にどうぞ。

*は必須項目です。
会社名 *

部署 / 役職 *

お名前 *

メールアドレス *

お電話番号(携帯可) *

連絡方法 *

お問い合わせ内容 *

今回相談されたい拠点 *

▼ 差し支えない範囲でチェックをお願いします。未回答でも送信可能です。
現在保有されている自動倉庫の以下の資料をお持ちですか?

メッセージ本文

※このフォームに入力いただくお客様の個人情報は、お客様のお問い合わせに対応するためのみに利用し、情報のお取り扱いには株式会社APTのプライバシーポリシーが適用されます。