▲ TOP
各種更新

point自動倉庫には一定の周期で大規模な手入れを必要とする時期(更新時期)があります。
APTでは、汎用化の実現と将来コストを見据えたご提案をいたしております。

制御盤の更新

DSC_1765約12〜15年の周期でやってくるのが制御装置の更新です。
管理コンピューターの更新と同じく、現在お使いの制御装置内の部品の保守切れが要因となります。
『保守終息』の通知が来たら更新のサインです。

スタッカークレーンの地上制御装置(地上操作盤と言われる事も多い)や、機上制御装置、コンベヤやソーターといった周辺搬送設備の制御装置が該当します。
今後も設備を長く使っていくためには制御更新は必要な措置ではありますが、非常に高額な投資が必要となります。また、この制御装置にはメーカー独自の仕組みが非常に多く盛り込まれている箇所でもあります。

コンピューターの更新と同じく、最初の更新時には弊社も作り込みをしなければならないため、メーカー企業様と費用面で大きな差が出ないケースもございます。それでも、APTでは独自の研究を重ね、汎用品(市販品)だけで構築した制御装置をお納めしており、廉価に高品質な制御更新サービスをご提案できるように努めております。

全て市販品で構築をしておりますので、以降の部品調達が楽である事、また調達費用を抑えられる事が大きな特長です。

すなわち、部品調達のリードタイムの短縮と維持費用の低減につながります。

制御系ハード図面もちろん、次回以降の制御更新費用は大きく削減できます。後継部品を用いるなど、次回更新時には極力、制御装置そのものを入れ替えるような事はせず、小規模な費用でお使いいただけるようなご提案をしております。
また、御納品後には、インターフェイス関係や制御ロジック、図面関係の情報を全て図書としてお客様にお納めさせていただいておりますので、次回の制御更新時には、弊社以外でも制御更新が可能となります。

弊社のご提案する制御更新の特徴の整理

◆ 全て汎用品で構築する事により、部品の手配がし易くなります。
◆ 部品の調達費用(維持費)も廉価になります。
◆ お納めした設備に関する情報を全て図書としてお納めいたします。
◆ 上記により、次回以降の制御更新は弊社以外でも実施が可能となります。

●上記内容に関してのご質問・ご相談はこちらからお気軽にどうぞ。

*は必須項目です。
会社名 *

部署 / 役職 *

お名前 *

メールアドレス *

お電話番号(携帯可) *

連絡方法 *

お問い合わせ内容 *

今回相談されたい拠点 *

▼ 差し支えない範囲でチェックをお願いします。未回答でも送信可能です。
現在保有されている自動倉庫の以下の資料をお持ちですか?

メッセージ本文

※このフォームに入力いただくお客様の個人情報は、お客様のお問い合わせに対応するためのみに利用し、情報のお取り扱いには株式会社APTのプライバシーポリシーが適用されます。