▲ TOP
自動倉庫リニューアル / 新設

point自動倉庫式の納骨堂にリニューアル時期が到来しています。

納骨堂リニューアル

自動倉庫式の納骨堂にリニューアル時期が到来しています。

noukotsu屋内に遺骨を納める納骨堂は、もともと一時的な遺骨の保管施設として昭和初期から寺院内に建てられていました。ところが、高度成長以降は長期間にわたって遺骨を収蔵し、お墓と同じ役割を担うようになってきました。  

特に近年の高齢化で死亡者数が増え続けている一方で、墓地はあまり増えておらず、都市部での墓不足は深刻な問題となっております。
さらにまた、「墓守」の規範意識も薄れ、親世代でも子世代に墓の管理で負担をかけたくないという人も増えています。そういった流れを受け、15年ほど前から登場したのが『自動倉庫型の納骨堂』です。

illust_manただし、納骨堂の仕組みの原理は自動倉庫と同様であるため、導入から5年~10年を超えた頃から自動納骨堂を維持するために、多額のリニューアル費用や修繕費用が必要となってしまいます。この事をご存知でないお寺様が多数いらっしゃいますが、これらの費用を改めて檀家様にご負担をいただくことは極めて困難と考えます。

弊社は自動倉庫リニューアルのスペシャリストとして、いち早く納骨堂のリニューアルに注目。抑えられる費用は抑えるべきと考えております。
既に納骨堂のリニューアルについては、関東・関西で実績がございます。
是非、お気軽に弊社までお問い合わせ下さいませ。

(⇒お客様の声:廣宣寺様の事例をご紹介

●上記内容に関してのご質問・ご相談はこちらからお気軽にどうぞ。

*は必須項目です。
会社名 *

部署 / 役職 *

お名前 *

メールアドレス *

お電話番号(携帯可) *

連絡方法 *

お問い合わせ内容 *

今回相談されたい拠点 *

▼ 差し支えない範囲でチェックをお願いします。未回答でも送信可能です。
現在保有されている自動倉庫の以下の資料をお持ちですか?

メッセージ本文

※このフォームに入力いただくお客様の個人情報は、お客様のお問い合わせに対応するためのみに利用し、情報のお取り扱いには株式会社APTのプライバシーポリシーが適用されます。